ジェルネイルの基本的なやり方や付属の中身について

独特なツヤがあり、マニュキュアと比較しても格段に長持ちするという理由で、今では多くの女性に人気があるのがジェルネイルのスターターキットです。

実際なかなかサロンが空いている時間に仕事が終わらなかったり、子供がいて自宅を空けることができないという女性も多く、そのせいでせっかくキレイな爪にする機会を諦めてしまっている人もいるのが現状です。

しかし今は専門的な知識や時間がそれほど無くても、初心者であっても自宅で簡単にできるスターターセットが販売されています。

付属しているセットの一般的な中身は、爪にのせるベース・トップ、それにカラージェルと、それを塗る筆、ノリや持ちを良くするためのプライマー、爪表面の汚れをふき取る液、硬化させるためのUV(またはLED)ライト、爪をバッフィングしたり長さを整えるためのヤスリなどがセットになっているものが多いです。

ジェルネイルのスターターセットというと、沢山の道具を揃えて大層なものに感じる人もいるかと思いますが、実際には必要最低限これだけの道具がそろっていれば自宅でも簡単にできます。

基本的なやり方もシンプルなもので、まずは施術する前に手をよく洗って、爪に付着している油分を取り除いておきます。この工程をサボってしまうと、油分によってジェルが剥がれやすくなりますので忘れずに行っておいて下さい。

そして爪の長さを揃えて爪表面を粗く削ります。その後、ふき取り液で爪表面を拭いた後にプライマーとジェルをのせて仮硬化。そしてカラージェルを塗ってライトをあてて本硬化し、表面をふき取って完成という流れとなります。

TOP ジェルネイルキット人気ランキングへ戻る

自爪が弱い方はサンディング不要を選ぼう

最近では地爪が弱い方でもセルフを存分に楽しめるように、サンディング不要のジェルネイルキットが徐々に普及しつつあります。

爪が厚くて丈夫な女性はまだいいと思うのですが、私は爪が弱いのでサンディングを繰り返しやって削っているとどんどん薄くなってしまうのを自分でもかなり気にかけていました。

ジェルネイルをするとやっぱり長持ちしてくれるので、数週間は気にせずそのままつけていられる時もあるのですが、たまに前処理が甘いとすぐに外れてしまうので、そこから更にサンディングを行って、定着させてはまた爪が弱くなるという負のサイクルを繰り返していました。

でもそのままやり続けるとどんどん痛くなるので、何ヶ月かに一回は爪を休ませる期間を作って回復に努めて、その間はガリガリと削られた悲しい爪があらわになるという事が多かったのです。

そんな時に見つけたのがサンディング不要の削らないジェルネイルキットなんですが、これなら前処理の時間もかなり短縮できるので効率もいいですし、爪が弱い方でも傷みにくくて使えるしという事で大喜びで買い替える事にしました。

その時は基本的なセットは揃っていたので、トップとかカラージェルだけ購入しようかなとも考えたのですが、付属のライトがLEDで10秒で固まるというのもかなり魅力的だったんです。

削らないからどのくらい定着するんだろうという不安もあったのですが、トップコートなどが優秀なんでしょうね。今まで使ってたジェルネイルキットよりも長持ちするくらいなので驚きました。

TOP ジェルネイルキット人気ランキングへ戻る

教えて!最適なジェルネイルキットの選び方

セルフを始めようと思ってジェルネイルキットを購入しようと思ったものの、一体どれを選んでいいかわからないという方は多いと思います。

そこで、ジェルネイルキットでも「これは必要、これは無くても大丈夫」なアイテムを紹介します。

自分の予算と必要なものとを照らし合わせたジェルネイルキットの選び方に役立ててください。

絶対入っていてほしいもの

・LEDライト(選ぶならUVではなく絶対LEDがおすすめ)
・ベースコート(不要なジェルもあります)
・トップコート
・カラージェル
・リムーバー
・ネイルブラシ

以上です。

最低限、これさえ入っていればセルフジェルネイルを始めることができます。

ベースとトップは一体型になっているメーカーもあるので、その場合は1つ入っていれば大丈夫です。

また、LEDライトは据え置き型とペン型がありますので、好みによって選んでみてください。

参考記事:ジェルネイルキット付属のledライト『ペン型と据え置き型』を比較!

その他に入っていると便利なもの

・拭き取り用ノンアセトンリムーバー
・エメリーボード
・プッシャー

などです。

これらはわざわざセットになっているものを買わなくても、100円ショップなどでいつでも手に入れられるものですので、必要なときに買い足せば十分かなと私は思っています。

その他に必要なものは、コットンやアルミホイルなどです。

これも化粧水でのスキンケアの時やお料理をする際に使うものなので、自宅にあるのではないでしょうか。

ジェルネイルキットの中には、ラメやホロなどがたくさん入っていたり、ネイルブラシも10本以上入っていたり、かなり内容が豊富なものもあります。

それがあれば他に何も揃えなくてもセルフが完璧にできますが、そのぶん値段も高価となりがち。さらに自分には必要ないものも入っていたりします。

ですから最初は最低限、必要なものが入ったジェルネイルキットを購入してから、徐々に必要なものを買い足していくという選び方が一番でしょう。

ぜひ参考にしてみてください!

TOP ジェルネイルキット人気ランキングへ戻る

多彩なデザインやアートをジェルネイルキットで楽しむ

セルフでのジェルネイルに馴れてくると自分で様々なデザインをやってみたくなります。

最初は色々なカラーは使わなくてもベースとトップを塗るだけでも艶が出て綺麗ですが、そのうちにだんだんデザインも覚えていきたいものです。

その中でも手軽にできるし代表的なのがフレンチネイルです。

これは爪先だけにスマイルラインを引き、爪元のほうはクリアジェルや透明にやや赤みの入ったカラーで塗り分ける技法です。

フレンチ専用の筆をそれぞれ用意したほうが塗り分けするのに便利ですので別途用意しておいた方がいいですね。

スマイルラインの幅はフリーエッジと呼ばれる爪先をうまく塗るものもありますが、ネイルベットの中間くらいまで作る場合もあります。

デザインの中ではとても人気があって定番なものですが、色をだんだん薄くしていくグラデーション、お色を何色が混ぜ込むマーブル、ピーコック、アニマル、ドット、ボーダーなど種類も豊富なので飽きも来にくいんです。

これにラメやホログラム、スワロフスキー、シールなどを装飾することによってさらに華やかにすることもできます。

ストーン類にはパールやターコイズなどの宝石に似たものもあり、それらを飾ることでさらに美しくなりますよ。

またこの他の装飾としてネイルピアスなどの小物類をつけたりすることもできます。

ジェルネイルキットにはこういった小物類が全部付いてくるわけではないですが、安く買う事もできますし、ポイントをつけることでさらに可愛くできるので是非チャレンジしてみて下さい!

TOP ジェルネイルキットでセルフするならどれがおすすめ?へ戻る

水仕事が多い爪でも使って大丈夫?

毎日の水仕事などがたまっている主婦の方にも向いているのがジェルネイルキットでのセルフです。マニキュアは食器などお皿洗いなどをすればすぐ剥がれてしまいます。

でもジェルは水にも強く折れたり剥がれたりしにくいので、したままで皿洗いや食事、洗濯などの水仕事や掃除などの家事を爪を気にせずに行うことができます。

まだ小さい子供さんがいるご家庭では「お洒落をしたいけど家のことで忙しいしネイルなんてできない!」という方でも、スターターキットなら短時間で施術できて剥がれにくいですので気軽につけることができます。

家事や子育てには休みがなく息抜きをしたいという方も多いと思いますが、爪を伸ばさなくてもネイルを可愛くすることで日頃のストレスも軽減されます。

ご近所のママ友たちにも「かわいい爪だね!どういう風にやってるの?」って注目を集めたりというメリットもあるんですよ♪

ちょっとしたお洒落でもいいのでジェルネイルキットで可愛く自分の好みに変えることは気分がリフレッシュするきっかけとなりますし、ストレス解消効果があります。

サロン並に持ちますし、その手軽さなどからいっても最適だと思います。メイクはどれだけ可愛くしても1日経ったら落とさなければいけませんからね。

値段も高くなくて仕上がりも良いジェルネイルキットもありますので、水仕事など忙しい毎日の息抜きとして使ってみてはいかがでしょうか。

足の爪にもペディキュア感覚でできるジェルネイルキット

冬場はブーツなどで隠れてしまうために足の爪先の露出も少ないですが、夏場は素足にサンダルなどを履いている女性が多いかと思います。

その際にせっかく爪先をキレイにアートしても取れてしまってはもったいないですよね。

1度塗ったら剥がれてきて、まだらになっても放置しているという方もけっこういると思いますが(私はそうでした。。)

手よりも摩擦が多い足なのでマニキュアだと剥がれるのも早くなってしまいます。

そんな時はペディキュア感覚で手軽にできちゃうジェルネイルキットがいいですよ。

私もマニキュアでしてた時より持ちもすごく良くなってます。

サロンではあまりやっている方を見ないフットジェルネイルですが、たしかにあまり見られない部分だけにお金はかけたくないというのがあるかと思います。

私もお店でやってもらっていた時は手だけでしたし。

まぁ、セレブだったら手だけでなく足の爪も全部お任せできちゃんですけどね。

でもジェルネイルキットを買って自分でやるようになって「これって手だけでじゃなく足の爪にも簡単なんじゃない?」と思ってやってみたらホントに手軽♪

ジェルじゃなかったら「どうせすぐ剥がれるし手間もかかるから塗らなくていいや」ってなってたんじゃないかな。

でも仕上がりのぷっくりとした見た目の可愛さと手軽さを体感した今は、足の爪にやるのも楽しみになってます。

ちなみに足の爪にセルフする場合、硬化させるライトはドーム型のよりも手で持てるライトの方が圧倒的に簡単にできます。

ドーム型のは、手の爪だったらすっぽり入れられるのですが、フットジェルネイルだと足が5本すべて入りきらない事もありますので。

みなさんも、足も綺麗にして他の女性よりも1歩進んだ可愛さを演出してみてはいかがでしょうか。

TOP ジェルネイルキット人気ランキングへ戻る