ジェルのテクスチャは緩いのと硬いのどっちが扱いやすい?

自分のメイクや髪は鏡を見ないと見えませんが、爪はいつも目に入るので特にきれいにしておきたい部分です。爪がきれいだと女性はテンションが上がります。もともとはマニュキュアの愛用者でしたが、サロンでジェルネイルをしてもらったところ、艶の良さと長持ちする点がとても気に入ってしまいました。とはいえ、月に一度サロンに行くのはコストもかかるので、思い切ってジェルネイルキットを購入することにしたのです。

最初に購入したのはライト込みで1万円くらいのネットで見つけたセットでした。マニュキュアのようにボトルに入っていて、蓋にブラシのついたポリッシュタイプのジェルです。6色セットだったと思います。まずはお手頃な物でいいと思っての購入でしたが、初心者の私にはジェルのテクスチャが緩すぎて上手く塗ることができませんでした。

ジェルがサイドに流れる、ムラになる、すぐに剥がれると散々でした。発色もあまり良くなくていささかがっかりしてしまいました。それと色はサンプルを見て選んだのですが、パソコンの画面で見るのと実際の色がかなり違っていて、あまり好きではないような色の物が届いてしまって、それもやはりがっかりしたポイントでした。

ネイルスクールの先生をしていらっしゃる方に失敗談をお話ししたところ、やはりある程度の金額の物を選ばないと爪にもよくないと教えて頂きました。おすすめして頂いたのはアクセンツというカナダのブランドで、爪にやさしい成分で作られているジェルでした。サロンでも使われている、いわば老舗ブランドです。

早速アクセンツのジェルネイルキットを購入し、気を取り直してセルフに挑戦。テクスチャーは水あめほどの硬さで、ジャーから筆で取って爪に乗せていくものでした。ベース、カラー、トップジェルの順で塗っていきます。カラーは二度塗りがきれいです。硬さはあるものの、セルフレベリングといって塗って少しすると平らに整う性質があるのでムラにもなりにくかったです。

やはり緩いテクスチャよりもある程度の硬さがあったほうがサイドに流れにくく、皮膚につきにくいので扱いやすいです。トップジェルは何種類かあるのですが、シャインオンという未硬化ジェルの出ないものがおすすめです。拭き取りがいらないのは楽ですし、艶々な仕上がりになりますよ。