ジェルネイルの基本的なやり方や付属の中身について

独特なツヤがあり、マニュキュアと比較しても格段に長持ちするという理由で、今では多くの女性に人気があるのがジェルネイルのスターターキットです。

実際なかなかサロンが空いている時間に仕事が終わらなかったり、子供がいて自宅を空けることができないという女性も多く、そのせいでせっかくキレイな爪にする機会を諦めてしまっている人もいるのが現状です。

しかし今は専門的な知識や時間がそれほど無くても、初心者であっても自宅で簡単にできるスターターセットが販売されています。

付属しているセットの一般的な中身は、爪にのせるベース・トップ、それにカラージェルと、それを塗る筆、ノリや持ちを良くするためのプライマー、爪表面の汚れをふき取る液、硬化させるためのUV(またはLED)ライト、爪をバッフィングしたり長さを整えるためのヤスリなどがセットになっているものが多いです。

ジェルネイルのスターターセットというと、沢山の道具を揃えて大層なものに感じる人もいるかと思いますが、実際には必要最低限これだけの道具がそろっていれば自宅でも簡単にできます。

基本的なやり方もシンプルなもので、まずは施術する前に手をよく洗って、爪に付着している油分を取り除いておきます。この工程をサボってしまうと、油分によってジェルが剥がれやすくなりますので忘れずに行っておいて下さい。

そして爪の長さを揃えて爪表面を粗く削ります。その後、ふき取り液で爪表面を拭いた後にプライマーとジェルをのせて仮硬化。そしてカラージェルを塗ってライトをあてて本硬化し、表面をふき取って完成という流れとなります。

TOP ジェルネイルキット人気ランキングへ戻る